看護師

たるみ・ほうれい線を自宅で改善|サプリを飲もう

  1. ホーム
  2. 違いが分かる

違いが分かる

看護師

手軽な方法

気温の低下と共に空気が乾燥し、肌はその乾燥した空気に水分を奪われて乾燥します。乾燥した肌はハリと弾力を失い、瞼や目尻、頬等の比較的脂肪が多くて重力の影響を受けやすい部分はたるみ、クッキリとしたシワやほうれい線が現れたりします。顔は首から下の部分と違って、どんなに気になるトラブルを抱えても、衣服で覆い隠すことができません。そのため、気になる肌トラブルが生じた時は、スキンケアに力を入れたり、医療機関で治療を受けたりしてたるみやほうれい線の解消に努めます。美容整形などの医療機関で治療を受ける場合は、潤い成分であるヒアルロン酸や、ボツリヌス菌が出す成分から生成した物質で筋肉を弛緩させる、「ボトックス注射」などを受けることになります。しかし、これらの治療は注射によるもので、痛みと若干の出血を伴う事があり、また一定期間を空ける必要があります。さらに、表情が作りにくくなることや、アレルギー反応を示すなどの副作用も報告されていることから、施術にあたってはそれなりのリスクを負う必要があります。そこで、コスメを用いた日常的なスキンケアが人気となっています。エステサロンなどに出かける必用もなく、自宅で毎日お化粧を落とした後のスキンケアを正しく行うことで、肌にはりと弾力を取り戻し、たるみやシワ、クッキリほうれい線を予防したり消したりするものです。これには肌の真皮にあって、はりと弾力の素となっているコラーゲンを補給する事が大切です。コラーゲンは動物の肉や骨に含まれているタンパク質の一種のため、日常の食生活の中で少し意識すれば、天然のものを摂取する事ができます。しかし、このコラーゲンは消化して体内に吸収されにくい高分子の物質であるため、その効果を感じにくいものです。そのため、人工的にアミノ酸の鎖を断ち切るなどして低分子化し、吸収効果を高めたものを同時に摂取する事で、さらに高い効果を実感する事ができます。一方、コラーゲンに水分を供給するための成分として一緒に配合されることが多いヒアルロンやセラミドと言った保湿成分も、コラーゲンと同じく高分子の物質です。そのため、こちらも低分子化されたものを摂取する事が望ましい成分です。この様に低分子化されて吸収効率を高めた美容成分を配合したドリンクやサプリメントは、医療機関で受ける治療に比べてリスクが小さく、また天然由来の成分を用いることから体への刺激や副作用も小さいことから、近年では多くのメーカーから販売されており、たるみやほうれい線を気にする方へ好調な販売が続いています。